×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

営業・事務・エンジニア・専門職の職務経歴書の書き方

営業・事務・エンジニア・専門職の職務経歴書の書き方はどうする?

専門職の職務経歴書の書き方

自作を同封してアピール

☆職務経歴書には、自作を同封してアピールする

専門職では作品を同封して実力を示す方法が一般的です。ただし、採用サイドはセンスや技術のみならず、マネジメント能力も見ていることが多いのです。

デザイナーや編集者、建築士、カメラマンなど、仕事の主体がクリエイティブ系が専門職です。専門職と一口にいっても、携ってきた分野によって仕事内容や必要技術などは大きく変化しますので、転職活動においての専門職の職務経歴書は、より具体的に書くように心がけましょう。さらに、前述の作品を同封して実力を示す方法が、自分の実力を採用担当者に理解してもらうためには、最も手っ取り早い選択でしょう。

また、次のようなアピールポイントがあるか否かを検討してください。

?マネジメント能力、コミュニケーション能力。

?売上などの実績

?人脈

?資格・利用できるツール(仕事に関係するアプリケーションソフトなど)

このように、転職活動において、専門職の職務経歴書にはこれらの織込みをしておきましょう。